保育時間の拡充に伴い、2019年度の入園金・保育料の見直しを検討中です。つきましては、以下の通り現段階の予定をお知らせします。

詳しくは、入園説明会等にてご説明いたしますので、そちらでお問い合わせ下さい。

入園に際し、入園金・・・5万円

   施設援助金など・・5万円以上

   毎月の保育料・・・3万6千5百円

   給食費実費・・・・700円

   (いずれも基準額)

基準額とは、必要経費(賃借料、給与、光熱水費、通信費、教材費等)を人数で割った金額で、あくまで目安となる金額です。現在、このような園が受けられる公的な助成金制度はなく、ご負担いただく金額が一般の幼稚園よりも高くなっていますが、園の運営は楽ではありません。経済的余裕のある方は基準額よりも多めに申告くだされば大変ありがたく思います。一方で、兄弟姉妹が同時に子ども園に入園される方、特別な経済的事情のある方などについては個別にご相談ください。

 

※当園は、名古屋市より認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書の交付を受けており、教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置や、幼児教育・保育の無償化の対象施設に該当します。

◯在園児の親は、子ども園の会員になります

園を支える意思のある会員によって園は成り立っています。在園中、父母のうち少なくとも一名は会員となっていただきます。会員は総会において議決権があります。

 

会費 年額 12000円(月額1000円を保育料と併せて口座振替)

総会では、役員の選出や年次計画・予算など、園の運営に関わる基本的な事柄を話し合い、決定します。また、園の行事など具体的な活動内容について話し合い、どのようにすれば円滑に行えるかを決める連絡会があります。

一人ひとりが今の「私」にできることを持ち寄って、お互いを想い合いながら園の活動を支える一端を担っていただけたらと思います。

◯私たち親はシュタイナー教育について学びます

シュタイナーの人間観と教育理念を学び、理解を深めていくことに努めています。そのために月1回の勉強会(学びの会 もしくは、つぼみクラス)を行い、お互いの交流を深めながら、共に子どものためにより良い環境について考えていきたいと願っています。これらの学びにかかる経費を、「学びの会費」(月額約500円)として、その費用に充てています。また、公開講座(別途有料 会員価格1200円)にも学びの一環として参加をお願いしています。

◯入園金等の納入(申し込み受付完了)

面接日にお渡しする「入園金等の納入について」に記載の期日(面接の1週間後)までに入園金と施設援助金をお振り込みください。入園金等の納入をもちまして入園申し込み受付完了といたします。

​定員に達ししだい募集を締め切らさせていただきます。ご了承ください。

入園金・保育料について(2019年度)