​園での生活

開所時間

月曜日から土曜日 7時30分~18時30分(~19時30分)

保護者の状況により、8 時 30 分~16 時 30 分または 18 時 30 分が通常保育時間です。 早朝保育(7 時 30 分~)並びに 延長保育(~19 時 30 分)は、乳児クラス・幼児クラス の合同保育です(別途有料、利用料は名古屋市の基準に準ずる)。

​休園日

日曜日、祝日、年末年始 暴風などの警報発令時には休園します。お盆期間中など、保護者のお仕事がお休みの期

間は、協力保育をお願いすることがあります。

塗装葉2

0~2歳児クラス 
乳児クラス【Krippe】

_7uVyN4A.jpg

「クリッペ」とはドイツ語で「かいばおけ」という意味です。それはまさにイエスが馬小屋で生まれマリアの腕から委ねられた寝床のことです。

 

その後羊飼いたちそして東の国からの三賢者がイエスを一 目見ようと訪れました。イエスがこの「かいばおけ」から多くの人々に囲まれ祝福されながら人生を歩 み始めたように、ここに集う幼い子どもたちがまたその恩恵にあずかることができるよう、また乳児 クラスの呼び名としてドイツ語の発音も軽やかなので「クリッペ」と名付けさせて頂きました。

「子どもには時間を与えよ」という言葉通り、生まれた赤ちゃんの首が座り、寝返りや這うことを覚えて直立する過程において、自力で獲得することは子ども自身を強めることに寄与するといわれています。(シュタイナー教育基本指針Ⅰより)

 

動きにもその子どもがしたい衝動があります。体を十分に動かし自分の「からだ」を使うことがとても大切な時期です。

 

室内の遊びとバランスを取りながら戸外で活動する時間も十分とっていきます。遊んで食べて休んでという基本的な生活のリズムを毎日繰り返すことで健康に過ごせる心と体を目指す保育をしてまいります。

園での1日

〜8:30​ 順次登園 室内あそび

何でも触って試してみたい時期。それが良いか悪いかまだ判断できない年齢の子ども達にとって「自分でやってみたい」衝動を妨げることなく、でもやりたい放題にさせるのではないように保育者は見守ります。おもちゃはもちろん単純で簡素な自然素材のもの、または家庭のキッチンにあるような ものです。お母さんのお料理には欠かせない道具ほど、子どもにとって魅力的なものはありません。健全な遊びにつながるおもちゃとして取り入れることがあります。

​9:30  朝のうた・おやつ

自由遊びの片付けを済ませ、おやつとして季節の果物などを頂きます。時には戸外で頂くこともあるでしょう。

9:45  外遊び

「子どもには時間を与えよ」という言葉通り、生まれた赤ちゃんの首が据わり、寝返りや這うことを覚えて直立する過程において、自力で獲得することは子ども自身を強めることに寄与すると言われています(シュタイナー教育基本指針Iより)。動きにもその子どもがしたい衝動があります。体を動かすこ とがとても大切な年齢なので戸外で十分遊ぶことに時間をかけていきます。近くの牧野が池緑地公園は緑や生き物も豊かなので散策するのにとても良い場所です。

​11:15  昼食

12:00  午睡

十分に遊び満足感を得た心と体には休息の時間が必要です。約 2 時間をめどに午睡をします。

14:30  おやつ

14:50  園庭遊び

15:30  順次降園

​16:30〜  幼児クラスとの合同保育・お迎え  

3〜5歳児クラス
幼児クラス
【すみれ・すずらん・たんぽぽ】

6y7a4617jpg_31318178265_o.jpg

一人ひとりの子どもの誕生はかけがえのないもので、どんな状況下においても人間の生まれてくる瞬間は万物に祝福されるものです。当園では誕生日会をその子の生まれた日にお祝いしています。(休園日は平日に振替)

生まれた状況がみんな違うように、成長発達もまたそれぞれで、最長6年の保育期間の中で個々への促しも決して同じではありません。「自立した人間へ」という幼児教育の目標はほとんどの園が掲げているものですが、それほどこれからの時代は今まで以上に「自分がどう生きるか」を意識しなければならない時代へと進んでゆくのでしょう。

子どもは「私をこのようにしてくれたならば、このような大人になります。」というレシピをもって生まれることはありません。子どもが自分の力でどのように「私」を開花させてゆくのか、長い人生の入り口である幼児期をまずはゆっくりと自ら歩み始めるための後押しができるよう、お子さんとそのご両親に寄り添う保育を続けていきます。

園での1日

〜8:30  順次登園 室内あそび

     先生と子どもが握手で挨拶をして1日が

     始まります。自然素材のおもちゃを使い

     想像力豊かに遊びます。

     水彩のぬらし絵(月曜日)

 

10:00  朝のお集まり

     幼児のための祈り

10:20  ライゲン(季節の歌や詩に合わせて

     輪になって踊ります)

     オイリュトミー(木曜日)

 

10:45  外遊び

     近くには牧野が池緑地があり、

     散歩に出かけたり、

     園庭で砂遊びをします。

12:15  昼食

13:15  休憩・午睡・室内あそび

 

14:45  お話をきく

     テーブルの上で演じられる人形劇を

     見たり、童話をききます。

15:00  おやつ

 

15:15  園庭あそびや、お散歩など

15:30  順次降園

16:30〜 乳児クラスとの合同保育

クラス編成

塗装葉2

施設紹介

塗装葉2
2012年春、新園舎完成。
伊藤設計室 http://www.ito-arc.com

​園庭の『子どもの城』

小さなお城ではありますが、子どもたちが登ったり降りたり、高い場所から見下ろす機会を得ることで、砂場遊びではない新しい遊びの展開があるでしょう。地水火風の要素は子どもたちと結びつきが深いと言われますが、園舎の設計の中にも、その一つでも取りいれることができるようにと設計されました。

園の近くには緑豊かな牧野が池緑地公園があります。十分な広さの中で思い切り走ったり、木登りや時にはロープやハンモックを持って行き固定遊具にはない遊びもしています。体を思い切り動かして遊ぶ大きな動きも大切なように、注意深さを要求される遊具の存在も、子どもたちの感覚器官を育てる上で必要なものと考えます。

 

子ども達が、地面より高い場所での空間体験ができ、そこで風を感じることができるのです。

 

『こどもの城』は、ご賛同いただきました方々のご寄付金によって建築が実現しました。ご支援くださった方々に、心より感謝申し上げます。

IMG_1510.JPG
塗装葉2

行事と祭事

4月  入園のお祝いの日(幼児クラス)

​4月  新入園児は慣らし保育です

5月  端午の節句 

6月  水遊び

7月  七夕 

7月  流しそうめん

7月  ちょうちん祭り 

    毎年この時期になると、ちょうちん作り

入園式-49_edited.jpg
七夕-275.jpg
卒園式-53.jpg
卒園式-79.jpg
6y7a4364jpg_31317758995_o.jpg
6y7a1947jpg_27187862632_o.jpg

​10月 遠足

11月 ミカエル祭り

12月 クリスマス 

    登園してきた子どもたちは、保育室に

            飾られたもみの木や季節のテーブルに

            目をみはります。

​年末年始はお休み

1月  もちつき 

    子ども園では、お餅つきで三学期を

            迎えます。この日はお父さん方

            手伝っていただいて様々な準備を

            しています。

2月  節分 

3月  ひなまつり

3月  卒園のお祝い 

    卒園はまるでその子の誕生日の

            ろうそくが一本増えるような

            イメージでとらえてあげてくださいね。

3月末か ら4月初まで春休み