スタッフの紹介

うめの森ヴァルドルフ子ども園はシュタイナーの教育理念を柱として、親と教師、そしてそれを支える人々で自主運営する、こどものための園です。園長という存在はおかれず、それぞれの担当分野を中心に、すべて話し合いで運営されていきます。となると、たしかに...一般の園とは比べようもないほど、教師や親に負担がかかりますが、この時期のこどもたちに何が大切かを優先させれば、これは自然な姿なのでしょう。

​教師

幼児クラス担任 :後藤 健太
                    (Goto Kenta)

1990 年よりドイツ・ヴィッテンにあるヴァルドルフ幼稚園教員養成ゼミナールで学ぶ。帰国後、保育園勤務。2004 年より幼児クラス担任教師として当園の保育に携わる。幼稚園教諭、保育士資格を保有。当園ならびに社会福祉法人太陽の家やまさと保育園理事。

乳児クラス担任 :後藤寛子
               (Hiroko Goto)

ドイツ・ヴィッテンのヴァルドルフ幼稚園教員養成ゼミナールで学ぶ。帰国後、子育てをしながら保育園で5 年間勤務。2002 年 4 月の開園時より当園の教師及び未就園児親子クラスの担当として保育に携わる。2020 年 秋開講 乳児クラス「クリッペ」担任。 幼稚園教諭、保育士。当園及び日本シュタイナー幼児教育協会理事。

オイリュトミスト

松本多恵子(Taeko Matsumoto)

2001 年ドイツニュルンベルグオイリュトミー学校、オイリュトミーディプロマ取得。2005年スイスゲーテアヌム オイリュトミー療法士資格取得。保育園等で保育士、オイリュトミー療法士として勤務。2018 年4 月より当園のオイリュトミー担当。

園医​

揚妻広隆(Hirotaka Agetsuma)

​園医

勤務医を経て2005年開業。現在、医療法人あげつまクリニック(豊田市)理事長 内科医。2004年から「国際アントロポゾフィー医学ゼミナール」に参加し、2014年アントロポゾフィー医学認定医 取得。以来仲間とともに学びを続け、療法士とともに芸術療法も実践中。「アントロポゾフィー医学のための医師会」会員。

野原栄二(Eiji Nohara)

​歯科医

1991年日進市にて「野原歯科室」を開業。1994年名古屋市中区栄に移転開業。