園舎
2012年春、新園舎完成。
 
伊藤設計室 http://www.ito-arc.com
こどもの城

 小さなお城ではありますが、子どもたちが登ったり降りたり、高い場所から見下ろす機会を得ることで、砂場遊びではない新しい遊びの展開があるでしょう。地水火風の要素は子どもたちと結びつきが深いと言われますが、園舎の設計の中にも、その一つでも取りいれることができるようにと設計されました。

 園の近くには緑豊かな牧野が池緑地公園があります。十分な広さの中で思い切り走ったり、木登りや時にはロープやハンモックを持って行き固定遊具にはない遊びもしています。体を思い切り動かして遊ぶ大きな動きも大切なように、注意深さを要求される遊具の存在も、子どもたちの感覚器官を育てる上で必要なものと考えます。

 

 子ども達が、地面より高い場所での空間体験ができ、そこで風を感じることができるのです。

 

 『こどもの城』は、ご賛同いただきました方々のご寄付金によって建築が実現しました。ご支援くださった方々に、心より感謝申し上げます。