園の理念

ろうそくの準備.png

Philosophy

子どもたちの健やかな成長のために

 

健康な体を作ること。

意志の力を育てること。

この2つをとても大切にしています。

保育の根っこには、1970年代頃から日本では「シュタイナー教育」との呼称で、世界各地で実践されているWaldorf educationという教育観念があります。

乳・幼児期に、家庭から社会へのファーストステップを踏む小さな子ども達、体験を通して様々なことを育む子ども時代、この『シュタイナー教育』の考えに基づいて、保育環境を整え、一人ひとりの個性を大切に保育しています。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

たとえば、園には刺激的な遊具やおもちゃはありません。おもちゃは、シンプルで自然に近い素材もの、または家庭のキッチンにあるようなものばかりです。大好きなママが使っている道具ほど、子どもにとって魅力的なものはありません。

言葉によってのみ理解させるのではなく、信頼する人の存在全てを「お手本」として取り入れ、模倣をしながら成長することで、子どもの意志が育まれていきます。

1日の生活リズムを何より大切にしながら、時には思いっきり自然に触れたり、一年の四季をめぐる行事も体感します。

 

子ども同士の自由なやりとりを見守りながら、子ども達の「遊び」への探究心や創造性がより良く充実するよう、保育者は子ども達に寄り添い、園環境は常に安全で清潔に美しく整えられています。