『人間の魂という鏡に照らして

 共同体全体が形成される時

 そして共同体の中に

 個別なる魂の力が生きて働く時

 

   そのとき初めて

 幸せは生ずるであろう』

ルドルフ・シュタイナー

オーストリア生まれ(1861-1925)。人智学(アントロポゾフィー)を創設。医学、農学、文学、芸術、自然科学、哲学などの分野で活躍。1919年にドイツ・シュトゥットガルトに自由ヴァルドルフ学校を創立し、その流れを汲む幼稚園として私たちの子ども園は生まれました。

シュタイナー教育とは

シュタイナー教育(ヴァルドルフ教育)は、ルドルフ・シュタイナーという思想家が提唱した教育法です。

彼は、人間は単に肉体という存在であるということだけではなく、3つの構成要素によって成り立つという考えを提唱しました。更に人間の一生を7年ごとに区切り、それぞれの段階には成長する課題があることを示唆したのです。一人の人間として自立した「わたし」が確立するといわれる21歳までに、外からの教育が可能であり、思春期以降になってやっと自らの意思で意識的に取り組もうと自己教育が始まります。

0歳から7歳までの7年間を第1七年期と呼び、これから一生を通じてつかわれる「からだ」を作っていく時期。7歳から14歳までの第2七年期は「こころ」が育ち、14歳から21歳までの第3七年期は「思考」が育つ時期です。これを踏まえた、それぞれの課題に合った具体的な教育論(方法論)はとても芸術性に溢れていることが特徴的です。

しかし同時に、子どもの前に立つ大人としての姿勢(生きざま)が子どもに与える影響こそが重要で、そこに教育の本質があると言っています。この言葉によって、私たち大人(教師、父母など)は常に自分自身を高めようと自己教育に努めます。

そしてシュタイナー思想を指す「アントロポゾフィー」(人智学)という言葉の語源からも、この教育は人間と人間の関係性をより生かし合い、より認め合うことを学ぶ機会であることが伺えます。

現在日本には、全日制の学校としては7校程度、乳幼児の施設としては50か所程度があり、それに加えて公教育へ通っている子どもたちのための土曜学校や、乳幼児親子クラス、グループなどもあります。そこには、子どもの前に立つにふさわしい「大人」としての学びを常に意識する教師・保護者が存在し、日本の土壌に合った独自の方法と、これからを生きる子どもたちのために絶え間ない努力を重ねて実践しています。